神待ち女性 出会い喫茶と言うものは、結構昔からあった気がするが、ついぞ縁はなかった。 大昔に存在したテレクラよりは、顔を合わせて交渉できる分、確率は高いと思うものの、僕はそこまで必要としていないし、素人よりは、割り切ったプロの方々のテクの方に魅力は感じているタチだった。 そんな僕だが、年を重ねるにつれて、お金を払って風俗で性を発散する行為に空しさを感じてきたことは確かだ。 ただ、性欲が衰えたわけではなく、真っ当な出会いをして両者合意の上で・・・と思うようになって来たのである。 それこそ、ひっかけ橋でナンパでもすればいいのだろうけど、残念ながら僕はそこまで自分に自信はない。 そんなわけで、出会い喫茶に行ってみた。 店員から軽くシステムを説明されて、席に座る。この店は、マジックミラー越しに女性を選べるシステムである。 今日は、3名の女子がスマホをいじったり、雑誌を読んだりして時間をつぶしているようであった。 男性客が少なかったこともあり、僕はその3人の中で一番タイプの娘を指名した。 そして、店員のセッティングにより、僕はその娘と交渉に入った。 相手は素人。・・・まあ、いわゆる覆面素人もいるかもしれないが、それを疑っていては出会い喫茶は楽しめまい。 制限時間は10分。ここで交渉して店外へ連れ出せるかどうか。 その女の子は、僕好みの小柄で快活そうなタイプだった。 まずは、お互いを知るために世間話から・・・と考えていたが、そんな生ぬるい空間ではないことは、10分という制限時間ですぐに理解できた。 いきなり、条件交渉である。 彼女の希望額を僕には飲むことのできる余裕があった。即決である。 その後、近くのホテル街に行って、2時間あまり行為を楽しんだ。 こうして、僕はあっさりと、初の出会い喫茶を満喫した。あっけない初体験だった。 同時に、これは、いわゆるチョンの間などの性風俗と、何が違うのだろうか、と思った。 何事もプロにならなきゃ生活ができないと思われた時代があって、インフラの発展によって、素人でも工夫によってお金儲けできる時代になった。 出会い喫茶は、そのもっともたるものの一つなのかもしれない。 神待ち掲示板
0サイト参加中


人気キーワード


参加サイト募集中

●出会い喫茶
当サイトについて
新規登録
変更削除
携帯へURL転送

譁ー莠コNO.1STYLE 豁」邨ア豢セ鄒主ー大・ウ縺ョ邉サ隴 - 辟。譁吝虚逕サスサスイセ縲弱じ繝シ豎√°縺第叛鬘後

 譁ー莠コNO.1STYLE 豁」邨ア豢セ鄒主ー大・ウ縺ョ邉サ隴

竊灘虚逕サ縺ョ蜀咲函縺ッ縺薙■繧俄

蛹励ョ螟ァ蝨ー縺瑚ご縺ヲ縺滓ュ」邨ア豢セ鄒主ー大・ウ窶俶悽逕ー蟯ャ窶吶′S1蟆ょア槭ョ繝薙Η繝シシシ80蟷エ莉」繧「繧、繝峨Ν繧貞スキ蠖ソ縺ィ縺輔○繧矩。皮ォ九■縺ァ髮ェ縺ョ繧医≧縺ェ逋ス縺閧後→譖イ邱夂セ弱r謠上¥邯コ鮗励↑陬ク縲ゅ◎縺励※繧ゅョ縺吶#縺鄒惹ケウ縺ィ繝昴ユ繝縺ィ縺励◆蜚縺ョ鄒主ー大・ウ縺後し繝シ繝「繝ウ繝斐Φ繧ッ縺ョ鄒弱槭Φ繧堤ェ√°繧後※逵蛾俣縺ォ繧キ繝ッ繧貞ッ縺帙k縲ら塙縺ョ莠コ縺梧え縺カ蟋ソ繧定ヲ九k縺ョ縺悟、ァ螂ス縺阪〒繝輔ぉ繝ゥ繝√が繧ゅヱ繧、繧コ繝ェ繧ゅく繧ケ繧ょクク縺ォ蜈ィ蜉帶兜逅縺ョ譁ー莠コ繝繝薙Η繝シ菴懶シ

繧ォ繝繧エ繝ェ繝シ
 蟾ィ荵ウ繝サ荵ウ繝輔ぉ繝
繝ャ繝シ繝吶Ν
 
逶」逹」
 
蜃コ貍碑
 譛ャ逕ー蟯ャ
繝。繝シ繧ォ繝シ
 
繧キ繝ェ繝シ繧コ
 
繧ク繝」繝ウ繝ォ
 
謚慕ィソ譌・譎
 2016/10/01 02:56

縺昴ョ莉悶が繧ケ繧ケ繝。縺ョ蜍慕判

竊善age Top竊

Total:6336
T:36/Y:60
[BBS][PROF][RANK][MOVIE]

[管理]
モバイルスタイル