お金くれるパパ 「今日、何の日か覚えてる。」「何だろう。付き合った記念日かな。」「それは、来月。」「じゃぁ、何だろう。」「もういいです。」私の誕生日を忘れた彼氏なんか大っ嫌い。私は何も言わず自分の家に帰ろうとしました。 帰り道、夜ということもあって人通りは少なかった。そんな中で私は泣きながら帰ると一人のおじさんに声をかけられました。「どうしたの。彼氏と喧嘩でもしたのかな。」私は無視してその場を去ろうとしたらおじさんは後を付いてきました。「ごめん、ごめん。君さ、パパ募集してないかな。パパ募集していたらおじさんは立候補になりたいな。そしたら欲しい物とか買ってあげるよ。」「ヴィトンの財布。」「いいよ。」私はイライラしていたこともあってパパ募集していなかったけれどこの際、私が欲しかったプレゼント買ってくれるなら誰でもいいと思いました。おじさんは約束通りヴィトンの財布を買ってくれました。「キスしてくれたらまた買ってあげるよ。」私はキスをしました。彼氏への裏切りかもしれないけれど誕生日忘れる方が悪いと、自分に言い聞かせました。 おじさんと解散した後、家の前には彼氏がいました。「ごめん。プレゼントようやく届いたから届けにきた。誕生日忘れてたわけじゃないよ。」私は彼氏のことを信じられなかった自分に後悔しました。でも、Hをしたわけではないからいいよね。と、自分に言い聞かせました。彼氏からのプレゼントはルイヴィトンの財布でした。私はパパから買って貰ったものを質屋に売ろうと思いました。パパとの関係どうするか考え中です。 愛人募集掲示板 愛人掲示板
0サイト参加中

邏莠コ [167]


●集計期間別
┣月間ランキング
┗日間ランキング

●週間ランキング
総合 (0)
画像 (0)
SM (0)
写メ (0)
盗撮 (0)
フェチ (0)
アニメ (0)
動画 (0)
洋モノ (0)
リンク (0)
出会 (0)

●特殊ランキング
┣人気ランキング
┗ブービー賞ランク


人気キーワード


参加サイト募集中

●パパ募集
当サイトについて
新規登録
変更削除
携帯へURL転送

繧「繝翫ち縺ョ繧ェ繝≫雷繝昴♀縺励c縺カ繧翫@縺溘>縺ョ - 辟。譁吝虚逕サスサスイセ縲守ゥエ繧コ繝舌ャシ√

 繧「繝翫ち縺ョ繧ェ繝≫雷繝昴♀縺励c縺カ繧翫@縺溘>縺ョ

竊灘虚逕サ縺ョ蜀咲函縺ッ縺薙■繧俄

逕倥∴荳頑焔縺ァ縺励c縺カ繧贋ク頑焔縺ェ30莠コ縺ョ鄒主・ウ驕斐′繧「繝翫ち逶ョ邱壹〒繝≫雷繝昴r繧ク繝・繝懊ず繝・繝懊壹Ο繝壹Ο縺翫@繧縺カ繧翫@縺セ縺上kシ√く笳九ち繝樞定」冗ュ銀剃コ鬆ュ繧定舌a荳翫£繧九ワ繝ウ繝代↑縺繝輔ぉ繝ゥ繝√が繧ウ繝ウ繝懊↓繧ャ繝槭Φ豎√′繝繝貍上lシ∫曝縺医※繝√Ο繝√Οシ∬ヲ九▽繧√※繝壹Ο繝壹Οシ∵キォ隱槭〒隱俶ヱ縺励↑縺後i繝代ャ繧ッ繝ェシ√い繝翫ち縺ョ繝√Φ繝昴r蜥・縺医※髮「縺輔↑縺Т邏夂セ主・ウ驕斐ョ豼蜴壻クサ隕ウ繝輔ぉ繝ゥ繝√がシシ√≠ス槭s繧「繝翫ち縺ョ繧ェ繝≫雷繝昴♀縺縺励イ縺縺縺ス

繝ャ繝シ繝吶Ν
 
逶」逹」
 
繝。繝シ繧ォ繝シ
 
繧キ繝ェ繝シ繧コ
 
繧ク繝」繝ウ繝ォ
 
謚慕ィソ譌・譎
 2017/10/05 12:57

縺昴ョ莉悶が繧ケ繧ケ繝。縺ョ蜍慕判

竊善age Top竊

Total:4440
T:16/Y:4
[BBS][PROF][RANK][MOVIE]

[管理]
モバイルスタイル