クンニだけの約束なのに挿入 「おまえのクリ、ちっせえな。摘んでも転がしても全然反応しねーのな」 そんな彼の言葉に傷ついた私は、私なりに考えてクリ調教することを決めた。 自分で自分の体の一部を調教するなんてイカレていると友達は言ったけれど、今の彼を失いたくないのだから、私ががんばるしかないのだ。 ピンクローターというものをはじめて買ってみた。 それをクリトリスにあてて、感じやすくなるよう調教してみることにしたのだけど…… 「おまっ、なんだそれは!」 ラバーショーツの中にピンクローターを入れて彼と待ち合わせ、デート中は電源を切ったけれどラブホに着いてから電源を入れた私の下着の中はムンムンと蒸していた。 体温上昇と感じて濡れてしまった愛汁とが混ざり合い、それはもう言いようのない独特の匂いを発していた。 彼にとっては私の匂いが充満していることになるので、わずかだが衣服の上からでも軽く勃起しているのがわかる。 「これはその……クリ調教してみようかなって思って。だって、私のクリの反応がないっていったのはそっちだよ?」 「そりゃそうだけどよ。だからっておまえ……まさかそういう行動にでるとは思わねーだろ?」 「……私のこと、嫌になった?」 「まさか。そんなに調教してほしいっていうなら、道具に頼らねーで俺に頼れってーの」 「……うん、ごめん」 それからは彼の手でクリ調教が始まった。 といっても、はじめての道具プレイで感じた私はそちらでしか感じることができなくなって、彼はそんな私を悦ばせながら調教しようとするものだから、やたらと大人の玩具が増えてしまって…… その甲斐あって、少しずつだけど使われる道具によって感じ方が違うのだということをわかり始めた今日この頃である。 そして今日も…… 「おまえクリトリスだけやたらと感じるようになったよな」 彼の手によるクリ調教がはじまる。 JCと援交をする ホ別いちご
0サイト参加中


●集計期間別
┣月間ランキング
┗日間ランキング

●週間ランキング
総合 (0)
画像 (0)
SM (0)
写メ (0)
盗撮 (0)
フェチ (0)
アニメ (0)
動画 (0)
洋モノ (0)
リンク (0)
出会 (0)

●特殊ランキング
┣人気ランキング
┗ブービー賞ランク


人気キーワード

繧ォ繝繧エ繝ェ莠コ螯サ繝サ辭溷・ウ

参加サイト募集中

●クリ調教
当サイトについて
新規登録
変更削除
携帯へURL転送

avfan(AV繝輔ぃ繝ウ)縲ス槭せ繝槭シ繝医ヵ繧ゥ繝ウ縺ァ繧ィ繝ュ蜍慕判 繧ィ繝ュ繝薙ョ繧ェ繧定ヲ九k縺ェ繧 |辟。譁呻シィ蜍慕判縺後せ繝槭帙〒隕区叛鬘鯉ス - HOME

譁ー逹蜍慕判

莠コ豌励Λ繝ウ繧ュ繝ウ繧ー

莉願ヲ九i繧後※縺繧句虚逕サ

竊善age Top竊

Total:3879
T:16/Y:14
[BBS][PROF][RANK][MOVIE]

[管理]
モバイルスタイル