高年収な方との婚活 私の友達、亮は若くして社長になり年収数億円も稼ぐ私の自慢の友達です。しかし、女癖が悪いところが欠点。そんな彼と2人でBAR飲んでいました。 「なぁ、真弓。またパトロン募集している人紹介してよ。」「3ヶ月前に紹介したじゃん。以前、パトロン募集の子はどうしたの。」「他にも男がいたから切った。」「あっそう。これを機会に奥さんを大事にしたらどう。」「無理。それは真弓が1番分かっているだろう。」そう言って亮が私にキスをしました。 「ここはお店だよ。」「俺のな。個室だし関係ない。」亮はどんどん私の服を脱がせ、私はそのまま流れに身を任せました。彼とは友達でもあり、セフレでも、私は亮のことが好きだった。そして、今回のHがきっかけで私は妊娠してしまいました。私は亮に会いそれを伝えました。 「妊娠した。」「本当か。産むよな。産むよな?」意外な言葉に驚きました。「奥さんいるのに産んでいいの。」「関係ないよ。あいつとは会社のために縁談で結婚したようなもんだから。お前の方が大事だ。」「じゃ、産もうかな。」「やった。この先忙しくなるぞ。」亮は突然誰かに電話かけました。 「もう、お前と会わない。じゃぁな。」この言葉を伝えてはまた誰かに電話して同じ言葉を繰り返す。「亮、誰に電話しているの。」「女。子供が産まれるなら女に構っている時間はないからな。」この行動に嬉しく感じました。あとで亮に聞くと、私のことが前から好きだったけれど私が亮に興味がなくセフレだけと思っていたみたいです。今は妊娠6ヶ月。この先どうなるか本当に楽しみです。 パパ活ブログ 愛人生活
0サイト参加中


●集計期間別
┣月間ランキング
┗日間ランキング

●週間ランキング
総合 (0)
画像 (0)
SM (0)
写メ (0)
盗撮 (0)
フェチ (0)
アニメ (0)
動画 (0)
洋モノ (0)
リンク (0)
出会 (0)

●特殊ランキング
┣人気ランキング
┗ブービー賞ランク


人気キーワード

繝。繝九Η繝シ


参加サイト募集中

●パトロン募集
当サイトについて
新規登録
変更削除
携帯へURL転送

avfan(AV繝輔ぃ繝ウ)縲ス槭せ繝槭シ繝医ヵ繧ゥ繝ウ縺ァ繧ィ繝ュ蜍慕判 繧ィ繝ュ繝薙ョ繧ェ繧定ヲ九k縺ェ繧 |辟。譁呻シィ蜍慕判縺後せ繝槭帙〒隕区叛鬘鯉ス - HOME

譁ー逹蜍慕判

莠コ豌励Λ繝ウ繧ュ繝ウ繧ー

莉願ヲ九i繧後※縺繧句虚逕サ

竊善age Top竊

Total:1150
T:0/Y:1
[BBS][PROF][RANK][MOVIE]

[管理]
モバイルスタイル